長野県白馬村にある小さなオーガニック農園へようこそ!
  倉リ農園/くらりのうえん  

作業人

こんな人たちが倉リ農園の作業人として野菜を作ってます!

倉リ農園代表:ソウタ

水管理からトラクター運転、力仕事と農園一の働き者の息子。
倉リ農園の屋号の元になった人。

野菜農家にして野菜嫌いという欠点あり。
日々、自分が美味しく安全に食べれる野菜作りに励み中?

雑務全般な平作業人:ヒロカズ

サイト管理、農作業、営業と雑務全般をこなす下っ端作業人。
過去に自転車で世界を旅していたことがあるので、体力だけはあると思っていたが歳には勝てず、農作業が辛い今日この頃。

自分が元より、家族が安心して美味しく食べれる野菜を、老体に鞭を打って日々労働中。

パート作業人:トモミ

代表の秘書兼、雑務補助。
野菜嫌いの代表でも安心して食べれる食事の研究、および倉リベジタリアン食堂の立ち上げを目論む今日この頃。
過去にヒロカズに騙されて自転車旅行に連れていかれた経験あり。

倉リ農園の歴史

  • 2011年
    大阪在住しながら自転車旅してた日々
    タンデムで世界旅行

    この旅行で豊かな大自然と食べ物の大切さを経験。
    帰国後は田舎移住を決意する。

  • 2014年
    長野県安曇野市に移住。アパート暮らししながら物件探し
    安曇野でもタンデム

    よくわからない土地をいきなり購入するのではなく、まずはお試しにと安曇野へプチ移住。

  • 2015年
    白馬に古民家と農地を購入
    古民家

    探し求めていた古民家が白馬で売りに出されていた。
    付属でついてきた農地が今後の農業への起点となる。

  • 2017年
    白馬に移住、代表誕生

    白馬移住とともに、農業を志すことを決める。
    代表も生まれるので、子供にも安心安全な農業を目指し、有機栽培とする。

  • 2019年
    倉リ農園オープン(新規就農)

    2年間の準備の末、2019年の春に農園オープン。
    アスパラの初出荷をはたす。

  • 現在

タイトルとURLをコピーしました