長野県白馬村にある小さなオーガニック農園へようこそ!
  倉リ農園/くらりのうえん  

オーガニック野菜

有機・オーガニック

農園では現在、国(農林水産省)の定める有機・オーガニックの法律「有機JAS」取得の為、ほ場転換中です。

有機JASとは、有機JAS内に定める天然由来の資材のみを使い栽培する方式の事です。
化学肥料化学農薬不使用の栽培方法とほぼ同じ栽培方法ですが、使用資材の証明や作業工程などの書類提出義務などがあり、厳しく管理されているのが有機JASです。そのため、違反すると罰則罰金があります。現在の法律では、有機〇〇やオーガニック〇〇といった表記は有機JAS保持者でないとできません。
有機JAS取得には、果樹や多年生では3年以上、一年生の作物で2年以上のほ場転換期間が必要です。その間は、有機〇〇と名乗れませんが、有機JASと同基準での栽培が必要です。

その為、有機JAS取得までは、当農園の作物は 化学肥料化学農薬不使用、または非化学農薬非化学肥料と表記しています。

農薬について

有機・オーガニックは無農薬ではありません。
許可された天然素材の農薬が使用可能です。

また、重曹やお酢といった農薬でないと思われがちの資材でも、特定農薬という名前がついています。この特定農薬には天敵を使った防虫やフェロモントラップで虫を捕獲する方式も含まれているため、無農薬の意味自体が曖昧です。

その為無農薬表記はせず、逆に使用した資材を公表していく様にしていきます。

なぜ有機栽培

農作業お手伝い中の息子

現在の日本の有機JASおよび非化学農薬肥料で栽培されている農地面積は0.5%ほどと言われています。それ以外はほぼ慣行農業と言われる方式です。(特別栽培という慣行農業の50%の化学性使用の方式もあります)

戦後から導入され今日まで世界各地で幅広く行われてきている慣行農法ですが、環境負荷や食への不安といった新たな問題も生まれてきています。
特に、農薬の一番被害にあう可能性の最前線にいるのが農家自身であることも忘れてはなりません。

また、自分自身も子の親として、生産者のわかる安心安全な野菜を食べさせたいという気持ちがあります。しかし、ネット社会が発達したとはいえ日本国内では生産数の少ない有機野菜は手に入りにくいものがありました。

それなら自分で生産しようと思い、有機栽培を農園のコンセプトとして新規就農しました。
なにより自分自身が農薬をかぶる危険を冒してまで、農業という仕事をしたくありませんでした。


世界のオーガニック市場

日本のスーパーでほとんど見かけない有機・オーガニック製品ですが、今まで旅してきたヨーロッパやアメリカでは大きな専門店はもちろん、普通のスーパーでも通常の製品より少し高いくらいの値段で種類豊富に取り扱っていました。
また、社会貢献の一環として有機製品を購入する人が多いそうです。

我が日本でも、有機への関心が高まる中、環境保全の観点からも政府も有機促進に力を入れています。しかし、現代農業の常識ともとられる慣行農法を有機農法へ転換するのは容易でなく、なかなか有機農地や野菜が増えないのが現状です。

その中、若手や新規就農者の有機への関心が高い事もあり、少しずつではありますが、有機農地が増えてきています。我が農園も微力ながら有機農地拡大に繋がればと思っております。

タイトルとURLをコピーしました